なんとなくずっと疑問に思ってることをつらつら書きます(´・ω・`)

私は小1からオナニーをしています。手で性器を触っていました。
知識がなかったから、私はおかしいことをしてるんだと思ってもう絶対辞めようって毎回思うのにどうしてもしてしまって毎回自己嫌悪でっていう繰り返しでした(*_*)

インタビューなんかでこの話をすると、そのときから気持ちよかったの?って聞かれます。
でも、「気持ちいい」と思ったことはなかったです。今「気持ちいい」と思う感覚と同じだったと思うし、イッてもいたけど、「気持ちいい」とは思わなかった。というのは、この感覚を「気持ちいい」って表現するんだって知らなかったから。
いつだったか忘れたけど、セックスのこととかもいろいろ知ってから、オナニーの時の感覚が「気持ちいい」んだと知ったし、知ったからそう思うようになったんです!

感覚とか感情を表す言葉って、ほんとに教えてもらって初めてわかるもの。例えばもし痛いという言葉を知らなくて、他人にも痛いという感覚があるって知らなかったら、お腹が痛い時なんて言うだろう?なんて思うだろう?

感覚とか感情は、それに名付けられた言葉があるから楽になれる部分もある。どうしても自分の中でモヤモヤしていることがあるときに、本の中で適切な言葉で示されていたりしたら、その瞬間少し楽になれたりする。お腹痛いときも、もし痛いって言葉を知らなかったら、もっと辛いと思う。

そんな感じでオナニーの時の感覚の言葉を知らなかった私は、わけのわからない感覚に支配されて、わけのわからない感覚に依存して、ある意味苦しかった。
そして、「気持ちいい」と表現すると知ってから楽になった。

でも、本当はまだ、クリトリスへの刺激、腟内への刺激を表す本当の言葉を知らない。

「気持ちいい」というのは、ある感覚に対しての気持ちを表す言葉だから。

例えば、性的な快感で言えば、「痛い」が気持ちよかったり「こそばゆい」が気持ちよかったりする。

性的なことじゃなくても、例えば温泉が「温かい」のが気持ちよかったり、そよ風が「涼しい」のが気持ちよかったり、お布団が「柔らかい」のが気持ちよかったり、気持ちいいことってたくさんある。

これらの
「痛い」
「こそばゆい」
「温かい」
「涼しい」
「柔らかい」などは、感覚そのものを表す言葉で、これだけではプラスの意味もマイナスの意味もない。
「気持ちいい」はこれだけでプラスの意味になってしまう。
そしたら、クリトリスとか腟内の感覚を、プラスの意味を含まずフラットに伝えるために適切な言葉はあるのかな?

もう一つ、味覚で例えるとわかりやすいんだけど、
「甘い」
「辛い」
「酸っぱい」
「苦い」などは、味覚そのもので、それによって美味しくなることもまずくなることもあるから、プラスの意味もマイナスの意味もないってわかる。
「気持ちいい」と同様、プラスの意味になるのが「美味しい」だと思うんです。
でも、ほかのどんな味覚の言葉も当てはまらなくて、「美味しい」としか表現しようがない味って多分ない。
そしたら、やっぱりクリトリスとか腟内の感覚を表す日本語って不足してるんじゃないの?って思っちゃう。

私が知らないだけ?知ってたら教えてください(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加